マスタースクーバダイバー

レジャーダイバーの最高峰とも言えるマスタースクーバダイバーとは
ダイビングは陸上では決して味わうことのできない感覚を得られる魅力たっぷりのレジャーです。まるで空を飛んでいるような浮遊感と共に、海の中に生息しているいろいろな生物との触れ合いを楽しむことができます。ダイビングを始めた頃であれば1回1回のダイビングが新鮮さに満ち溢れていて、そのダイビングポイントに必要な知識がどんどん身に付いていきます。それが国内であっても海外であっても回数をこなしていく度に向上していくスキルは更なる楽しみ方を求めるようになっていきます。見たこともないような水中生物の写真を撮ってみたり、訪れる人が少ない難易度の高いダイビングポイントにチャレンジしてみたり、その好奇心は尽きることがありません。このようなレジャーダイバーの能力を示してくれるひとつの指標がマスタースクーバダイバーです。マスタースクーバダイバーは50本以上のダイビング、レスキューダイバーの認定と5本以上のスペシャリティーコースを修了して初めて取得できるレジャーダイバーの最高峰とも言える資格です。ダイビングに関するいろいろな経験をしてきた証となるものですから、これまでダイビングの数をこなしてきて更なるステップアップを考えている人にとっては格好の目標となります。